CBT 勉強日誌#2

CBT 勉強日誌CBT 勉強日誌

本日のメニュー

2020年3月2日

MEC e-school講座
・医学一般 3
・医学一般 4

一日2章ずつ。無理せず、コツコツと。

勉強内容

今回の講義の内容一覧

  • 浸透圧
  • 膜輸送
  • 細胞骨格
  • 細胞接着
  • 神経伝達
  • 神経細胞
  • 活動電位

膜輸送や細胞骨格といった分類わけの多い項目をやったのと、神経の項目に足を踏み入れた感じでした。細胞骨格のあたりとか、とても懐かしさを感じましたね。記憶のはるか彼方…。

血漿浸透圧の概算式って知ってますか?
2[Na⁺]+[Glu]/18+[BUN]/2.8
らしいんですけど…。そんなのやったっけ?
まあCBTにこの式が直接出てくるわけではなさそうだし、こんなのもあるんだなあ程度に受け流していくことにしました。

膜輸送のあたりから、僕の記憶にないものがちょくちょく現れてきて、ここからが本番だって感じがしましたね。受動輸送と能動輸送の違いとか、それぞれのトランスポーターやポンプがどんな働きをしているのかとか。
完全に初めましてだったのは「Na⁺-H⁺対向輸送」さんでした。誰だこいつ?
尿細管にある二次性能動輸送系の対向輸送(アンチポート)で、名前の通りNa⁺とH⁺を尿と尿細管内とで交換するものです。これはNa⁺の細胞内外の濃度勾配が原動力となっているのですが、そのNa⁺の濃度勾配自体は「Na⁺-K⁺ ATPase」によるもので、この時ATPを消費していることから、「Na⁺-H⁺対向輸送」も間接的にATPを消費するものとしてとられるため、”二次性”能動輸送と言われるそうです。

あとは神経伝達のところは、曖昧だった部分を掘り起こしてくれていい復習になりました。
運動神経、交感神経、副交感神経、それぞれの節前繊維、節後繊維で使われる神経伝達物質とその受容体のタイプとか、覚えていますか?後のところでクイズ形式にしてまとめたので、ぜひ見てみてくださいね。

得られた知識

問題数はやや多いですが、ぜひやってみてください!

浸透圧Naポンプ膜輸送
低アルブミン血症の際に起こることは?
Answer
浮腫(血管から間質に水分が移動するため)
Na⁺-K⁺ ATPaseの機能を阻害する薬を二つ挙げよ
Answer
ウアバイン、ジギタリス
巨大分子を細胞内に取り込むことをなんというか
Answer
ファゴサイトーシス(取り込み自体はエンドサイトーシスだが、巨大分子が対象の場合はファゴサイトーシスの方が適切)
モータータンパク微小管微小管2
モータータンパクを3つ挙げよ
Answer
キネシン、ダイニン、ミオシン(キネシン、ダイニンは微小管上のモータータンパク。移動方向の確認も!)
キネシン、ダイニンは+極、-極のどちらに向かうか
キネシンは+極へ、ダイニンはー極へ向かう
+極の重合、ー極の脱重合それぞれを阻害する薬を挙げよ
Answer
重合阻害はビンクリスチン、脱重合阻害はパクリタキセル(どちらも抗がん剤として使われている→がん抑制の仕組みはこの阻害にある!)
鞭毛や絨毛の断面の構造は「〇+〇構造」と呼ばれている?
Answer
9+2構造(順不同) 微小管2本とダイニン1つがセットになっている
細胞接着細胞接着2心筋細胞の活動電位
密着帯に存在する結合分子2種類を答えよ
Answer
オクルディン、クローディン
接着帯(アドヘレンス)の構造を細胞内で支えている繊維は何?
Answer
アクチンフィラメント(ちなみに接着斑(デスモソーム)では中関係フィラメントである)
一般の筋繊維の活動電位にはない、電位が一定となる期間があるが、その名称を何というか
Answer
プラトー
運動神経交感神経副交感神経
節前繊維ー節後繊維間、節後繊維ー標的臓器(筋)間それぞれで作用する、神経伝達物質とその受容体のタイプを答えよ
Answer
節前繊維ー節後繊維間
アセチルコリン、ニコチン様受容体
節後繊維ー標的臓器(筋)間
アセチルコリン、ニコチン様受容体
節前繊維ー節後繊維間、節後繊維ー標的臓器間それぞれで作用する、神経伝達物質とその受容体のタイプを答えよ
Answer
節前繊維ー節後繊維間
アセチルコリン、ニコチン様受容体
節後繊維ー標的臓器間
ノルアドレナリン、α受容体 or β受容体
節前繊維ー節後繊維間、節後繊維ー標的臓器間それぞれで作用する、神経伝達物質とその受容体のタイプを答えよ
Answer
節前繊維ー節後繊維間
アセチルコリン、ニコチン様受容体
節後繊維ー標的臓器間
アセチルコリン、ムスカリン様受容体

最後に

第二回は第一回よりも編集が早くなりました!慣れって大事ですね。

勉強も同じです。繰り返しやって、慣れ親しんだもの勝ちですよ!

感想などコメント待ってます!

Twitterもやってます!後々はInstagramも始めようと思っています。

Twitterの方もフォローよろしくお願いします!↓

@tttettablog https://twitter.com/tttettablog

このブログを読んでくれた、医学科の同じ境遇の皆さん。

ぜひ、一緒に高め合いながら勉強して、CBT合格しましょう!

今回はここまでです。これからもよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました